我が家は新築から15年で、色々とがたがきて、明確にその家の優良さの高低が解るようになりました。

新築のマイフォーム探し
NAVIGATION

十五年後に解る新築した家の優良さ

新築のマイフォーム探し
新築時代は、どの家においても快適に過ごせるものです。間取りなどで生活に少々不便を感じることがあっても、最新設備は人を快くさせるものです。だから、よほどのことがない限り、建築業者選びを後悔することは無いと思います。しかし、築15年もたつと、本来、ごまかしていたり、手を抜いていたりしている所が明確に何らかの不都合な現象となり、実感するほどのものとなってきます。確かに老朽化はするのですが、そのっろうきゅうかを加速する現象が次々と現れたのが我が家でした。突然、滝のような雨漏りが起こり出し、これはどういうことかと思いましたが、我が家を新築した建築業者は、既に信用を失い、存在しませんでした。丁度、水回りもがたが来る頃になっていましたので、信頼できると判断した大手ハウスメーカーのリフォーム分野に依頼して、工事をしてもらいましたが、窓の取り付けが悪く、あらゆる窓という窓の下の壁が腐ってしまっていました。そこから滝のような雨漏りが起こっていたのです。

新築時代には、見つからない欠陥というのはとても多く、ましてや見えない部分のことを考えると気が気ではありません。15年後はまだローンも完済していないため、大修繕の余裕もないという人はたくさんいます。新築は購入するにしても建築するにしても、しっかりと建築業者を選ぶことが大切です。

Copyright (C)2019新築のマイフォーム探し.All rights reserved.