新築一戸建てを建てる際の注意とは、ローン支払いや家族が増えた時の間取りなどの将来のビジョンかもしれません。

新築のマイフォーム探し
NAVIGATION

新築一戸建てを建てる際の注意

新築のマイフォーム探し
これから新築一戸建てを建てる人が注意すべき点とは何でしょう。まっさきに浮かぶ事はローン返済の計画と、今後増えるかもしれない家族の間取りなどでしょう。今後30年以上続くであろう住宅ローンで、自分たちはどれだけ払えるだろうと予測すべきです。それによって新築の家を購入するにあたって、2500万かけられるか、それとも3000万かけられるかが違ってきます。また住宅ローンに月にどれだけ払えるかを考える際に、将来かかるであろう子供の教育費も計算にいれなければなりません。私立幼稚園へ入園すれば一人年間30万以上がかかるでしょうし、中学へ行けば塾代が年間20万近くかかり、進学するに従って携帯電話や運転免許取得といった出費の機会が増えるものです。住宅ローンの返済は月5万から6万以内で済ましたい、そのためには頭金を出すか、新築の建築費を下げるしかないのです。

次に考えるべきは新築の間取りです。やがて子供の数に応じて子供部屋が必要になるし、住宅メーカーで見積もりをだしてもらったり、モデルパターンを提出してもらい、慎重に検討すべきでしょう。また10年後に傷んだ家を補修工事する際に増築する方法もあります。ただし10年後に増築する費用を工面できるか保障出来るとは限りません。

よく子供が成長して、夫婦が共働きになれば収入も増えるから、住宅ローンも支払えるはずだと言われます。しかし不景気な今、ある程度、夫一人の収入で支払える範囲で住宅ローンは設定するべきです。新築を建てるにあたり、夫婦で話し合い、無理のない計画を練れるよう、決断には時間と思考をかける必要があるでしょう。

Copyright (C)2019新築のマイフォーム探し.All rights reserved.