新築一軒家を建てる際には様々な儀式がありますが、これらを行う理由などについて書いています。

新築のマイフォーム探し
NAVIGATION

新築一軒家を建てる時の儀式について

新築のマイフォーム探し
みなさんの中にもいつか新築の一軒家を建てたいと考えている人もいると思います。家を建てるにはお金さえ払えばいいと思う人もいるかもしれませんが実際には様々な儀式やしきたりがあります。地域によって色々ありますが代表的なものに地鎮祭と上棟式があります。まず、地鎮祭とは建築を始める前に土地の神様を祀って、神主様に土地を清めてもらうことでその建物が長い間その地に建てられていることをお願いすることです。簡単に言うと神様にこれからここに家を建てて、住み始めるのでよろしくお願いしますという挨拶みたいなものです。地鎮祭には、建築主と施工業者が出席し、行う日にちはお盆やお彼岸を避けて大安か友引がいいとされています。

上棟式とは、軸組が完了して棟木をあげる時に行われる儀式です。工事の無事を祈願するだけでなく、大工さんの労をねぎらう意味もあります。地方によっては餅まきなどをするところもあります。上棟式を行うかどうかは建築主が決めます。

最近では地鎮祭も上棟式も行わない人もいるようですが神様への挨拶である地鎮祭は行ったほうがいいと思います。上棟式は行わなくてもいいと思いますが、工事の合間にお弁当を差し入れするなどして大工さんの労はねぎらうべきだと思います。

Copyright (C)2019新築のマイフォーム探し.All rights reserved.